近くにある雑草が、実は食べれる野草だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

普段何気なく「雑草」と思っている野の草の中には、実は案外「食べれる」野草がある!ことご存知ですか?

むかし、信州の父の実家で「ナズナ」のお浸しをいただいて、ほうれん草みたいに美味しかった事に驚いた事があります。

春の「草餅」の草は、あちこちに生えている「よもぎ」だという事は知ってる人は多いと思いますが、それ以外にも身近にある「食べれる」草を、探してみました。

<スポンサーリンク>


スベリヒユをいただく

昨年、近所の友人から「ひょう」という野草をいただきました。

彼女の実家は山形で、あちらのソウルフードらしいのです。

「ひょう」はどう見ても、「スベリヒユ」でした。

山形では「ひょう」と呼ぶそうで、野菜として売っているようです。

軽くゆがいて、辛子醤油で、と言われて食べてみました。

それほど癖もなく、しゃりしゃりした食感と、少しぬめりがある感じです。

普通に美味しくいただきました。

スベリヒユ科の植物には、園芸品種の「ポーチュラカ」(花スベリヒユ)もあって、こちらも食べれるようです。

三時草ともハゼランとも言う花火草も

子供の頃、おままごとで「花火」にしていた「花火草」はご存知ですか?

本名は「ハゼラン」なのか「三時草」なのか?植物には名前が沢山ある子もあります。


お昼を過ぎた3時頃に花をひらき、夕方には閉じてしまうので「三時草」とも呼びますが、他にも「三時草」という名前の多肉植物もあります。

食べれるのは、こちらの花火に似たハゼラン(爆蘭)の方です。

ハゼランもスベリヒユ科の植物で、全草が食用になるそうですが、主に新芽や葉の部分をいただきます。

新芽ならサラダでも良いし、軽く茹でてお浸しやゴマ和えにしても良いですが、ハズレの無いのは天ぷらです。

ナズナ(ペンペン草)は本当に食べれるの?

さて、昔信州の田舎で食べたのは「ナズナ」のお浸しでした。

なずなって、春の七草にありますが「ペンペン草」のことです。

長野では、野菜として売ってると言っていました。

それも、早春のロゼット状になった部分で、味も美味しくてまるでほうれん草のような感じでした。

なので、ロゼット状の部分だけが食べれるのかも?と思っていました。

ですが、調べてみると、花の部分も全部食べれるようです。

けれど、ハート型の種部分が出来る前の、これから花が咲く前くらいの方が良さそうですね。

写真素材無料【写真AC】

どこで採るかは、要注意

他にもまだまだ食べれる野草はあります。

たんぽぽも食べれるし、(ご参考まで)、春先に出るつくしやスギナ、よもぎ、ノビルなど、割合知られている野草もありますね。

ただ、まわり中が野原や田んぼに恵まれていたとしても、誰かの土地である事は間違いないので、勝手に何でも採って良いかどうか?は、よく考えてみてくださいね。

ウチの近所は、住宅街なので、なかなかヨモギもツクシも見つかりません。

公園などは、勝手に植物を採ってはいけないところも多いです。

それに、道端は犬猫の糞尿などで汚れている事も多いでしょう。

自宅や知り合いの庭などに出ているモノなら安心です。

草取りをする時などに、スベリヒユやたんぽぽなどを見つけたら、チャンスかもしれませんね。

少量なら、大抵のものは天ぷらにしてみると、アクなども抜けて美味しくいただけます。



それから、お庭のお花にも食べれるものがあります。

ただし、すずらんや水仙など、毒がある植物も結構ありますので、なんでもかんでも、というわけにはいきません。

我が家に毎年咲いてくれる「月下美人」は咲き終わった花を、酢の物などにして食べる事ができます。

夜8時半頃に開きはじめ、一晩しか咲きませんが、開くと15~20センチはある大きな花です。

朝にはしぼんでしまいますが、軽く茹でて、きゅうりなどと酢の物にしたり、甘酢やスープにしていただきます。

最近は、スマホで簡単に検索ができますので、色々身近にある植物も、調べてみて、時には頂いてみるのも楽しいものです。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください