ノーミートのオススメ!ノーミートが何故エコで平和につながるのか?3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お肉を食べるのは、健康にも良いし、料理するのも簡単だし安上がり!と思ってきました。

けれど、世界中で肉食が増えてきて、沢山の問題が起こっているのをご存知ですか?

<スポンサーリンク>

その1:家畜の餌の為に森林が消えて、地球温暖化が加速されている

50年くらいの間に、世界の人口は倍以上になりました。

そして、食肉消費量は5倍以上になりました。

経済発展で所得が上がると、食生活が変化して肉食が増えている、という事です。

日本も、昔は獣肉はほとんど食べていませんでした。

肉食の習慣が、地球温暖化を加速させてる、って本当でしょうか?


けれど、増え続ける家畜の餌と放牧のために、世界の森林、熱帯雨林が消えているのです。

森林が減るということは、それだけ森林が吸収してくれていたCO2が増えて行くという事です。

https://www.shinrin-ringyou.com/forest_world/menseki_gensyou.php

(世界の森林の減少速度)↑

その2: 牛や山羊などの反芻動物のゲップからは、CO2の23倍の温室効果があるメタンガスが出ている

たかがゲップと思いますが、4つの胃がある牛などの反芻動物から出るメタンガスは、1頭あたり1日に500リットルとも言われます。

なんと、この量はCO2に換算すると、全体の排出量の18%にもなるそうです。

https://www.hopeforanimals.org/environment/213/

(地球温暖化:メタンガスと畜産)↑

家畜の餌や放牧の為に、森林を減らし、メタンガスで温室効果ガスを増やしているわけです。

肉食が増えていく事が、地球温暖化を加速している、という可能性は、かなりありそうです。

肉食産業全体で出る温室効果ガスの量を、CO2に換算すると、地球全体の量の半分を占めている!という報告もあるのです。

その3:世界で生産される穀物の三分の一が飼料になっている

本来、牛は草を食べる動物です。

けれど、早く太らせて、人間が美味しく食べる霜降りにするために、本来の食べ物ではない穀物飼料を与えているのです。

世界では、9億人近い人々が飢餓で苦しんでいます。

5秒に1人の子供が、飢餓が原因で亡くなっているそうです。

世界中で生産されている穀物を、人類全体で食べれば、決して不足しているわけではありません。

けれど、牛を1キロ太らすために必要な穀物は7キログラム、豚は4キロ、鶏は2キロ必要なのだそうです。

肉食をするという事は、言い方を変えると、貧しい国の人々の食料を奪っている、という事にもなるのではないでしょうか。

ノーミートのオススメ

たしかに、お肉は美味しいかもしれません。

生まれた時から、当たり前に食べてきました。

けれど、本当は生きていた動物の肉だ、という事は隠されています。

加工する過程は、目にする事はありません。


でも、毎日、お肉を食べなくても良くありませんか?

我が家は、夫が魚が全くダメなので、肉をへらすと菜食になってしまいます。

けれど、それでも世界の状況に目を向けたとき、夫も「豆腐でもいいよ」と言ってくれるようになりました。

完全ノーミートは無理だとしても、低ミートにするとか、極力減らすことは可能だと思うのです。

それで、お肉を使わずにノーミートで簡単に美味しい料理を日々工夫しています。

厚揚げの酢豚風

台所をあずかる主婦のさじ加減で、世界の平和と地球環境が、少しは守れるかもしれません。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください