着物の端切れを編み込んだエコクラフトと和布のかごバッグ作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自宅に居ながら、オンラインで繋がれる生活が長くなって、すっかり外に出るのが億劫になっている管理人です。

今回は、着物の端切れを編み込んだ、紙ひもバッグのご紹介です。

長年、着物の端切れを何かに使えないかと取ってありましたが、なかなか使うチャンスがありませんでした。

裂き布のバッグ、というのを見た事があって、そんな事もできたら?とは思ったのですが、今回は紙ひもバッグに編み込んでみました。

<スポンサーリンク>

今回はお試しに、着物の残り布を、3センチほどの幅に切ってみました。

これを折って、編み込んでみたのです。

ところが、なかなか言うことを聞いてくれません!

アイロンかけてみたら良かったのかもしれませんが、アイロンあまり得意ではないので、ところどころを糸で止めたりしました。

普通にカゴを編むように、上下に通そうと思っていましたが、これがなかなか、思ったようには行きません。

結局、紙ひもに巻きつける感じに折りながら編んでみました。

根性がなくて、結局ワンポイントの和布使いになりました。

まぁ、これはこれで良いのではないでしょうか?

でももう少し、着物の残り布を、何とか使えないかな?と考えてみました。

そこで、試しにじゅばんの袖部分を中に入れてみたら、ちょうど良い大きさだったので中側に使う事に。

二重になった部分をちょっと縫って、ポケットにしてみました。

いい加減な性格なもので、思いつきで適当に手縫いです。

それでも、世界にひとつだけの、自分だけのカゴバッグの出来上がりで、これはこれで、かなり満足しています。



今回は、残っていた着物の端切れを使いたいと思って試してみましたが、何か異素材を組み合わせてみるのも、楽しいです。

レースやリボンを通してみたり、好みの布を使ってみると、またもっと素敵な作品ができそうですね。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください