青じそが沢山ある時の大量消費と保存方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

お庭や家庭菜園に、シソがあると便利ですね。

けれど、時期になると一気に茂ってしまい、使い切れないことも多いのではないでしょうか。

使いたいときにはバッタの餌になっていることもありますので、大量消費、保存方法について調べてみました~!

<スポンサーリンク>

大量消費のレシピとしては、シソ餃子、醤油漬け、パスタ、ドレッシングなどがありました。

おにぎりを海苔の代わりに、青じそで巻くのも、なかなか味がありますね。

シソ餃子

普通の餃子の具として、ニラの変わりに青シソを使用して混ぜる方法。

それから、一枚の葉っぱを餃子の皮に敷いて、具を包む方法。

どちらも美味しいですが、まるごと敷いて巻いた方が、食べる時にシソの香りがするような気がします。

梅も入れちゃうレシピもありました。

ちなみに、我が家ではノーミートで作ります。

ひき肉は無しで、キャベツ、長ネギ、青じそ、舞茸、それに油揚げを入れて、全部フードプロセッサーでみじん切りにして包みます。

お好みで、いろいろ試してみてくださいね。

シソドレッシング

青シソ20枚に対して、醤油50cc・酢100cc・サラダ油100cc・砂糖大さじ2

これを全部フードプロセッサーやミキサーなどで、混ぜるだけ。

サラダにも、お豆腐やお魚にもおすすめです!

保存には、オイルの瓶などに移すと、使いやすいですね。

青じそのしょうゆ漬け

まるごとの青じそを、しょうゆに漬け込むだけのレシピです。

水気なく漬ければ、半年保存可能とのこと。

参照レシピはこちらから(青文字をクリックしてくださいね)

上のレシピは、丸のままの大葉を、本当に醤油だけ!で漬けていますが、他にも、刻んで漬けたり、にんにくや唐辛子を追加したもの、ごま油を追加したものなど、お好みで色々出来ますね。

そして、もう一つ、簡単に漬ける方法に、青じそをそのまま麺つゆで漬ける!という方法もありました。

麺つゆにも、シソ風味が染みて美味しくいただけるようです。

どの方法が、自分ちに合うのか、色々お試しくださいね。

大葉味噌

お醤油でなくて、お味噌でもご飯のお供にも絶品ですね。

参考の作り方はこちらから

おにぎりは勿論、トーストやピザにも。

冷奴に載せたり、納豆に混ぜたり、ナス炒めの味付けに使ったりと、色々お料理にも使えます。

青じそパスタ


青じそを使ったパスタのレシピも沢山あります。

私は、青じそとツナ缶をオリーブオイルと、塩コショウで混ぜただけの、さっぱり簡単レシピが気に入っています。

これにトマトも加えたレシピもあります。参考レシピこちらから。

それから、青じそを使ったジェノベーゼソースのパスタもおすすめです。

くるみも入れた参考レシピはこちらから。

ジェノベーゼソースは、パスタだけでなくて、うどんやそうめん、ゆでダコや白身魚などのソースとしても使えます。

保存方法

そして、青じその保存方法としては、前にもご紹介しましたが、少し水を入れた瓶に入れて、冷蔵庫保存すると、青いままかなり使うことができます。

↑★こちらに大葉の保存が方法載ってます★

水をこまめに取り替えれば、2~3週間保存することが可能です。

もっと長期保存したい場合は、冷凍保存することもできます。

冷凍する場合は、洗って、ざく切りやみじん切りにして、そのまま使えるように冷凍しましょう。


日本のハーブでもある青じそには、抗酸化作用もあり、βカロテンはじめ、ビタミンB、E、Kそれにカルシウムと、沢山のビタミン・ミネラルが含まれています。

これから沢山出回りますし、お庭などに沢山出る方は、ぜひ無駄にせず、色々使ってみてほしいと思います。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください