残ってた毛糸で、毛糸の靴下を編んでみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

かつて、編み物をした事がある・・と、1~2玉だけとか、微妙に毛糸が残っていたりしませんか?

立春は過ぎたけれど、お家時間に、そんな残った毛糸を使って、毛糸の靴下を編んでみませんか?

毛糸の靴下って、履いてみるとと~っても暖かなのです。(編み方ちょっと追記しました)

<スポンサーリンク>

編み図も無いので、検索しながら、適当に編んでみたのですが、案外カンタンに編めました。

以前ご紹介したのは靴下カバーだったので、今回は足首まである靴下です。

(上記青文字をクリックすれば、以前のせた靴下カバーの記事へ、それぞれ飛びます)

足首まである毛糸の靴下を編んでみましょう

今回手元にあった毛糸は、古いいただきものなので、何号の針で編むのが良いのかは載っていませんでした。

去年は、並太毛糸で、6号針で編んでみました。

今回は、ちょっと細い、中細くらいの毛糸で、3号針で編んでみました。

手芸屋さんに行けば、靴下用の色変わりの、たぶん強度もある毛糸が沢山販売されてはいます。

もちろん、それもと~っても素敵なんですけれど。

とりあえず、家に残っている毛糸でも片足35gグラムくらいあれば編めるので、色を混ぜても良いし、左右でちょっと違うのもオシャレかも。

ちょっと試しに編んでみませんか。

靴下の編み方

3号棒針で、48目作り目します。

並太毛糸なら5~6号針で44目くらいです。

これを、二目ゴム編みで、輪にして編んでいきます。

長さはお好みですけど、5センチくらいでしょうか。下図①

そして、そのままメリヤス編みで、というか輪なので、ずっと表編でしばらく編みます。

表編を指4本分くらい編んだら、前後24目ずつに分け、前の半分は休ませます。下図②

後ろ側の24目で、かかと上部分を編みます。

編み初めの1目は、すべて針から移すだけの滑り目にして、14段編みます。6号針でも同じです。

次にかかとを編みます。

はじめの目は滑り目で表目を編み始め、最後4目を残します。

裏返して、針にかかっている4目の続きを裏編みしますが、編み始め、5目めを滑り目にして6目から裏編みし、また最後の4目を残します。

裏返して、針にかかってる4目の続き、5目めを滑り目にして、表編みを編みます。

今度は、前の段で滑り目にした目の次まで編みます。

残りは3目になり、裏返して4目めを滑り目、5目から裏編みで、また前の段で滑り目にした次の目まで編みます。

ここも残りは3目で、同じように、裏返して最初は滑り目、そして前の段で滑り目にした次まで編みます。

このように続けると、残りが2目、1目とだんだん残りが少なくなり、残りがなくなるまで編みます。

※ここが、文だけではわかりにくいと思いますが、目は減らさずに真ん中部分だけを何段か編んでいく感じになり、かかと部分が膨らんできます※

★ちなみに、初稿ではスタートを5目と載せましたが、4目くらいの方がカカトの山が緩やかかな?と、4目スタートに変更しました。5目でも大丈夫ですけど★

※写真下の針にかかってる分が、かかとの山になっています※

かかとが終わったら、両方の脇の14段のところから7目ずつを拾い、休ませていた前の24目とまた輪編みにします。

24目+7目+24目+7目になります。

今度は、かかとの両脇の部分で2目一度で、(足の甲になる部分が上になるように二目一度する)1段で2目づつ、減らして行きます。

※カカトの両脇で2目一度して、7目拾った部分を減らしていきます※

かかとの右脇で、右上一度、左脇で左上一度にして減らしていきます。

元の48目になるまで減らします。

最初の作り目の数まで減らしたら、今度は輪にしたままつま先まで編んでいきます。

作りたい足のサイズより、5センチ少ないサイズまで、輪編みをします。

つま先を編みます。

つま先は、また前後24目づつにしておきます。

表側の24目の右端で右上一度、左端で左上一度、裏側でも右端で右上一度、左端で左上一度します。

二段目はそのまま編み、三段目でまた左右で一目ずつ、表側と裏側で減らします。

二段ごとに、4目減らしていきます。

最後は、前後で10目ずつ残して終わります。

10目ずつ残った20目をメリヤスはぎにして、糸始末をしたら出来上がりです。

つま先の角のところが尖ってしまったら、糸始末の時に、裏側から調整しましょう。

出来上がりました。

お好みで、足首部分を長くしてみるのも良いですね。

手作りだと、色々好みで変えられるのも、楽しさのひとつではないでしょうか。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください