痛みやすい野菜・果物を冷蔵庫で長持ちさせるための裏技4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

痛みやすい野菜と言えば、大葉にニラ、オクラなどではないでしょうか?

それから野菜ではないけど、苺も保たないですよね。

でも、ちょっとしたコツで、1週間とか10日ほどキレイに保存できるのです。

食品ロスを出さないためにも、長持ちさせる保存方法、ぜひ知っておいてくださいね。

<スポンサーリンク>

その1:大葉を長持ちさせるには

大葉は、水気がついたりすると、すぐに黒く変色してしまいます。

増して、庭で採れた大葉は、すぐシナシナになったりします。


けれど、長持ちさせる保存方法があるのです。

まず、大葉が丸ごと入るような瓶を用意します。

瓶に少量の水を入れ、大葉の軸部分が水に浸かるようにしてしっかり蓋をします。

これで、冷蔵庫に入れておくと、2~3週間は無傷で保存できます。

水は、2~3日ごとに交換しましょう。

私は、この方法を知ってから、虫に食われないうちに大葉を確保しておくことができるようになりました。

使いたい時に、バッタに食われて穴だらけ!という事が減りました。


そんなに丁度良い瓶が無い!という場合は、濡らしたキッチンペーパーで包み、ビニールなどで密閉しても良いようです。

こちらの記事に、冷凍方法も載っていました。↓

https://www.kagome.co.jp/vegeday/store/201707/6806/


その2:ニラを長持ちさせる方法

ニラも、全部使わないうちに、しなびたり溶けてしまったりしがちな野菜です。

ウチでは、以前TVで見た方法で保存しています。

それは、エチレンガスが出ないように、ビニール袋でしっかり包む方法です。

買ってきたままの袋は、上が空いていますが、上も横も、キツくしすぎずに包んで止めます。

冷蔵庫に立てて保存すれば1週間や10日は長持ちします。

けれど、切って水に漬けて保存する方法もあるようです。

ご参考までに、↓こちらから。

https://www.kagome.co.jp/vegeday/store/201709/8394/


その3:オクラを保存する方法

オクラも、すぐ黒く変色してしまう野菜です。

このオクラも、大葉と同じように、瓶に水を少し入れて、ヘタ部分が水に浸かるようにして、蓋をします。

これで冷蔵庫に入れておけば、1週間から10日は日持ちします。

瓶が無ければ、コップでも大丈夫のようです。

https://cookpad.com/recipe/2152218

クックパッドより↑


そして、大葉もニラもオクラも、冷凍しておく事もできます。

他の、葉もの野菜や、キノコなども、すぐ使えるサイズにして冷凍保存しておくと便利です。


無農薬・無化学肥料は当たり前、美味しさの秘密は露地栽培!旬の野菜だけをお届け【ココノミ】


その4:苺の保存方法

苺も日持ちしない代表格のような果物です。

もちろん、すぐに食べるのが一番美味しいとは思います。

けれど、お子さんのお弁当用などには、毎日2~3粒だけ欲しいですよね。

パックのままでは、うっかりすると買ったその日でも傷んでしまう事もあります。

買ってきたら、とにかくすぐに入れ替えましょう。

調べてみたら、苺は洗って保存してはダメと載っているものが多かったのですが、ウチでは洗って保存しています。

苺のヘタを取らずに、そのまま優しく洗って、密閉容器に並べます。

この時、葉を下にするのがコツです。

クッキングペーパーを敷いて、とかアルミ箔で、という記事も沢山ありましたが、我が家ではそのまま並べて成功しています。

しっかり蓋をしておけば、冷蔵庫で1週間以上、キレイなまま保存できます。

苺も冷凍保存もできるようです。

野菜も果物も、新鮮なうちに食べるのが、一番です。

けれど、長持ちできる保存方法を知って、食品ロスを出さないようにしたいですね。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください