「バラの巻き寿司」が家にある材料で気軽に出来る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

巻き寿司というと、最近では「買うもの」というイメージがありませんか?

しかも、お花の巻き寿司なんて、かなり難易度が高い気がしますね。

ところが、バラの巻き寿司は、やってみると、意外に簡単に出来るものなのです。

<スポンサーリンク>

昭和のお母さんは、ちょっとした時に海苔巻、巻き寿司を作ってくれていたような気がします。

今ほど、何でも売っていなかったから、作ることが当たり前だったからかもしれません。

当たり前、っておそろしいもので「買うもの」と思っていると、出来ませんが、「作るもの」と思えば出来るのですね!

在宅時間が増え、買い物が出来ない時間のおかげで、巻き寿司にも何度かチャレンジしてみました。

何度か、お花の巻き寿司もチャレンジしてみましたが、なかなか上手く出来なかったのです。

でもね、バラの巻き寿司!を写真で見つけた時に、コレが作りたい~!と思ったのです。

そして家にあるものでやってみたら、あ~ら?意外にカンタン!と思ったわけです。


工夫次第で、家にある材料で何とか出来るのです。

なので、こちらでご紹介しますね。

バラの巻き寿司、作り方

【材料】

残りご飯茶碗2杯分くらい  焼き海苔全型2枚  卵1~2個  砂糖・塩・酢(酢が無ければ、ごま油と塩でも) 好みで白ごま  バラの花部分の色づけのため(鮭フレークor人参orゆかりorでんぶorたらこor桜えび等、あなたのアイデアで) 葉っぱ用(きゅうり細切りor青ネギorレタス等)

【作り方】

1.まずはバラの花部分を作ります。最初にチャレンジした時、我が家には色がつけれそうな材料が何も、ありませんでした。

なので、人参を5センチ位すりおろし、薄焼き卵を焼いたフライパンに入れて、みりんで少々煮ました。なんでも良いのです。

そして、この写真は小海老(アミ)です。

とりあえず、1/3量位のご飯に混ぜます。

2.そして、まきすに海苔を置き、薄焼き卵を焼いて載せ(失敗した破れた卵でOK!笑)オレンジにしたご飯を、雑にのせます。

正直、卵が時々破れてるくらいの方がバラっぽくなるのです
この写真では、ご飯をきれいに置きすぎ。もっと雑に多い場所、少ない場所があった方が巻いた時にバラになります。

もし、鮭フレークや明太子などを混ぜて作る場合、ところどころに、鮭の塊なども散らすと良いかも。

3.最初だけ端を細めに巻いて、くるくる巻いていきます。きれいに巻くと、うず巻き寿司になっちゃうので、アバウトに!

スミマセン、この写真の時には、しっかりうず巻き寿司が出来上がり~☆
巻いた海苔を外からお箸などで、何箇所か縦に凹ませておくと良いかも。

4.残っているご飯に、味をつけます。寿司飯がよければ、お酢大さじ1杯半,砂糖小さじ2,塩小さじ1/3を入れて、白ごま等も入れて混ぜます。

酢飯が苦手なら、塩とごま油を混ぜて、韓国風にするのもアリですね。

だいたい混ざればOKです。味見して、好みの味にしてくださいね。

5.簀巻きに海苔をのせ、4のご飯を、今度は平らにひろげます。上下の海苔部分は少し空けておきます。

この日はきゅうりが無かったので、青ネギをのせてみました。長いまま3~4本置くか、レタス等をのせても良いです。

6.この上に、3で巻いたバラ部分の海苔巻をのせて、巻きます。巻く時に、上下のご飯がくっつくようにおさえます。

7.海苔がはずれないように、しっかり押さえて出来上がりです。切る時は、包丁を濡れフキンで拭いて切ります。

はい、うず巻き海苔巻になりました~!笑

※2,3の課程で、あまり平らにきれいにのせて巻くと、うず巻き状になってしまいます。巻き始め(バラの芯部分になる)に卵を多めにしたり、細く巻いたりする事で、もっとバラっぽくなります。

この時は、いなり寿司も一緒に作ったので、残った油揚げをバラの芯にちょっと入れて巻きました。

もしかして、お刺身の切り落としやスモークサーモンなどがあったら、赤いバラの巻き寿司も出来そうですね。

ぜひ、色々なバラの巻き寿司も、チャレンジしてみてくださいませ。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください