「無い」ものではなく「今そのままある」ものを数える事のオススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

非常事態宣言が、全国に出されました。

色々なところで、大変な思いをされていると思います。

心配な事を数え上げたら、どんどん不安が膨らむときです。

そんな時だからこそ、「今、そのままある」ものを探して、「良かったこと」見つけてみませんか?

<スポンサーリンク>

そのままを受け入れること

いま、次はどうなるのか?わからない毎日を過ごされている方が多いと思います。

どうなるのかわからない?って不安ですよね。

今、起こっている事がわからない、それを認められないし、認めたくない時は、余計しんどいです。

けれど、「今、起こっている事は変えられない」訳です。

そして、ほとんどの不安、心配というのは、「取り越し苦労と持ち越し苦労」ではないでしょうか?

まだ来ていない、どうなるかわからない未来を心配しているのです。

でも本当は、明日は何が起こるか、まだわかりません。

そして、マイナスな出来事だけが起こる訳では無いではありませんか?!

明日、何か、違う、思ってもない事が、起こるかも?しれません。

不安、心配を数えたら、不安が無くなるのなら、それでも良いですが、不安を思えば不安が膨らむだけですよね。

それで、今は、ただそのままを受け入れてみませんか?

とりあえず「受け入れる」と前に進む力が出てくるような気がします。

不安を数えると不安が膨らむけれど、良かったを探すと、良かったが増える!

我が家は20年前に突然のリストラで、当時働き盛り40歳の夫が職を失いました。

私は能天気なので、最初はそんなに不安には思わず、ストレス抱えたまま出勤するより、何か次の道がみつかれば良いのかな?くらいに思っていました。

けれど、夫はそのまま引きこもりになってしまいました。

自己紹介、ご参考まで)

無職が何年も続き、3人の子供たちが成長するにつれ、毎日、どうやって暮らす?もうダメかも?という不安も大きくなりました。

でも、仕事が無くなり、無収入になったら、どうして「もうダメ」なのでしょう?

「もうダメ」と思うのは、自分なのです。


それで、とにかく現状を「そのまま受け入れ」ました。

そして、不安を数えることをやめてみました。

だんだん、前を向けるようになり、「良かったこと」を探しました。

良かったことは、実はとても沢山あります。

手があり、足があり、目があり、耳もあります。

寝ている間にも心臓が動いてくれて、目が覚めるし、空気も吸えるのです。


そんな最中に、娘が不登校になったり、自分がガンになったりもしました。

それでも、娘は「生きて」いてくれたし、自分もガンでない場所は元気でした。

自分がガンで死ぬかも?と思った時に、無職でも夫が「いてくれる」事が、ありがたい事だと気づきました。

家族は「いてくれる」だけで、ありがたい事がわかりました。


自分の「思い」が変わると、現状が変わっていきました。

「良かったこと」を探すと、良かった事が寄ってくるのです。

よく「引き寄せの法則」って言いますよね。

本心で、心底で「思う」ことを引き寄せるのです。


(事実、病気の後、色々な事が一気に解決していきました。こんな解決方法があるのか?!という事が次々と起こりました。)☆興味があれば、その当時のブログ記事です☆↓ ↓

がん入院手術頃のブログ良くなるしかない(下の方に遡ると問題解決部分)



なので、不安、心配を思っていると、不安や心配が寄ってきてしまいます。

予防する事と、心配することは、似てるようで違います。

「今、そのまま、ある」ものを探すと、「良かった」が見つかるのです。

何があっても、平和な気持ちで過ごせるって、ありがたい事です。


明るく、良かった事をさがしながら、「今できること」を楽しみながら「家に居る」ことが今は必要な事なのだと思います。

必要に迫られると、人に会わずに仕事などをどうこなすか?のアイデアも見つかります。

きっと、「今」の出来事が、未来のために必要な何か、だったのだとわかる時が来るのだと思います。

「今」は、後の世の歴史に載るような出来事の最中です。

きっと、教科書にも載るでしょう。

皆で力を合わせて、自分に今できることを考えつつ、小さな「良いこと」探して乗り越えていきましょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください