心豊かなエコ生活のための考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

エコ生活を、倹約、節約、ケチと思って暮らすと、ちょっとギスギスしてきませんか?

そもそも、エコって何でしょう?

簡単に言えば、環境に良いこと、経済的なこと、といえると思います。

地球環境のため、未来の子どもたちのため、我が家の経済のため、のオススメです。

でも、一番の基本は、もしかしたら考え方なのかもしれません。

<スポンサーリンク>


私は、弟が5人もいる長女として生まれたので、子供の頃から勝手に我慢してきました。

同級生よりは子沢山な分、子供ごころにも、ウチは貧乏かも?と思っていました。

おかげで、小学生の頃から「経済観念が発達しています」と通知表に書かれる子供でした。

けれど、両親は、子供は育つ分を持って生まれてくるのよ、と言っていました。

その言葉のおかげで、それほどコンプレックスを持たずにすみました。

それでも、普通の家よりは我慢しないとダメだと、勝手に思っていたわけです。


ものごとの捉え方、言葉のちからって、大きいのです。

何をどう考えるか?で、同じ事柄が、人によっては正反対になります。

もともとの自分は、かなりマイナス思考でした。

けれど、成長するにつれ、自分で勝手に貧乏だからダメだと、思い込むのはもったいないかも?と思うようになりました。

言葉のちから、潜在意識のちから、などを知ったことも影響しました。

生長の家を信仰する両親からも、「あなたには無限の力がある」「思ったことが叶う」と言われて育ちました。

20年前に、夫がリストラにあい、突然職を失いました。

そして、そのまま引きこもりになりました。

3人の子供たちは、小学5年、3年、幼稚園でした。


無職でも、なぜ大丈夫だったか?

それ以来、実はずっと無職なのに、何故大丈夫なのか?

これはひとえに、考え方のおかげです。

突然、仕事が無くなったように、突然仕事が舞い込むこともあるかも?と思うようにしました。

夫を責めたところで、苦しめてしまうだけで解決しません。

それはわかっていたので、なんとかこちらの思い方を変えるしか無いと思ったのです。


それで、すでに有るものを数える事にしました。

家がある事、家族の体は健康であること。

手があって、足があって、目もあり、鼻もある事。

「当たり前」と思えば、気づかないけれど、本当は、沢山のものがすでに与えられている事。


手や足を買おうと思っても、1億円出しても買えない訳です。

それがすでに与えられている、って事は、考えようによっては、何億円も持ってるのと同じ事です。

それで、「収入が無いと暮らせない」と勝手に思うことを辞めました。

そうしたら、本当に、何故か何とかなっていったのです。


「大丈夫」と思えば「大丈夫が叶う」

何故かといえば、思うことが叶うのですから。

ただ、その「思う」ことがくせものなのです。

1%も疑わずに、というか、「そんな事言っても」と思ってしまえば、「そんな事言っても」が叶う訳です。

そんなバカな!と思っていれば、そのまま、そんなバカな、が叶うわけです。

なので、「お金がない」と思うクセを何とかしないと!と思ったのです。

心の奥底で、お金が無いのに、といつも思っていたからです。

1%も疑わずに、「お金がある」と思わないと、「ある」は叶わない訳です。

これには、かなり悩みました。

自分の頭で考える限りは、入ってくる当てはありません。

けれど、本当は「明日の事は誰にもわからない」訳です。

それで、悩みに悩んで、思いついた事。



それは、「自分の財布の側から見ない」ことでした。

「世の中に」お金はあるのです。

これなら、1%も疑わずに、「ある」と思えますよね。

それで、お金が無い、と思った瞬間に、いや「お金はある!(世の中に)大丈夫、ありがとうございます」と思いを変える訓練をしました。

可笑しいですか?

でも、これで、我が家は救われたのです。

この話をすると、相当長くなってしまうので、ここでは割愛しますが、実体験なのです。


心豊かにエコ生活を送るコツ

どんなにお金があっても、あの世には持っていけません。

手持ちがあろうとなかろうと、「良かったこと」を探して数えて暮らすこと、が結局は、早道な気がします。

良かったこと、すでに与えられているものを探すことで、「当たり前」が「ありがたいこと」になります。


自分の周りのすべてのモノ、事をありがたい、と思って暮らせたら、やはりこれは究極のエコにつながるのではないでしょうか?

電気もガスも、空気も水も、ありがたいもの。

大切に、生かして使わせていただきたいですね。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください