眠っている洋服をリメイクして手作りマスクを作ってみませんか?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

まだしばらく、自宅自粛生活が続きそうです。

そして、なかなか手に入らないのはマスクですね。

しかも、材料の買い出しにも行きにくいので、家にあるもので手作りマスクを作ってみました。

<スポンサーリンク>


今は、世界の常識が変わる時なのかもしれません。

ただ捨てれば良い、買えば良いという時代から、工夫して活かす事が求められる時代になるのかもしれないですね。

自分用には、縫わずにハンカチを折っただけの、ハンカチマスクが気に入っています。(ハンカチマスクの折り方は下の方にもリンクあります)

でも、在宅の時間が長いので、手作りマスクにもチャレンジしてみてはいかがでしょう。

材料を探してみましょう

使わない布、シミ付いたりして着ないTシャツ、ポロシャツ、ワイシャツなどなど、なんでも大丈夫です。

外側になる部分は、それこそ何の布でも大丈夫です。

中側になる部分は、直接顔に当たるので、肌触りの良い布の方が良いです。

サラシのフキンや、ハンカチでも良いですし、ガーゼハンカチなども良いですね。

お気に入りだった洋服など、捨てるに捨てれずお蔵入りになったものなどを、思い切って使ってみるのも手かもしれません。

ちなみに、布マスクでウィルスを防げるのかどうか?は色々議論の分かれるところです。

けれど、咳エチケットのためには有効です。

それに、FBで見た記事によると、ウィルスなどはブラウン運動という(昔習いましたね)細かい動きをしているので、布地に引っかかるそうです。

なので、あまり気にせずに、色々な布で楽しく作ってみても良いのでは?と思っています。

上は、ダブルガーゼの余り布で、下は着れなくなったポロシャツを使ってみました。

ゴムが無くて、この写真はポロシャツを細く切って使いましたが、思ったようには伸びずにイマイチでした。

ゴムも工夫次第で、色々ある

ゴムは、ヘアゴムや、パンツのゴムでも良いです。

手芸店などでは、マスク用のゴムも売り切れのところがあるそうです。

そこでオススメなのは、ストッキングの輪切りです。

5~6センチの少し太めの輪切りにしたストッキングを引っ張ると、ちょうどよく切り端も丸まって、痛くない輪ゴムになります。

それから、薄手のTシャツも1センチくらいにまっすぐ切って引っ張ると、丸まってちょうど良いマスクゴムになります。

こちらは、上は白いTシャツで、下はピンクのポロシャツです。

写真のマスクの上のものが、Tシャツの袖部分を細く切って引っ張ったゴムです。

ただし、Tシャツでゴムを作る場合、横方向にまっすぐ切るのがコツ。

上の白Tシャツマスクのゴム部分は、シャツの首部分をクルッと切りました。

そしたら、引っ張ってもうまく丸まりませんでした。

切る方向によっては伸び方もイマイチなので、ご注意くださいね。

型紙は色々な種類がダウンロードできます

今は手作りマスクの型紙も、検索したら沢山出てきます。

私は、こちらの型紙を利用させていただきました。

プリンターがあれば、スマホからも印刷できるので、そのまま型紙として使えて便利でした。

もっと、色々な種類の型紙が、「新宿オカダヤ 」さんのHPにも掲載されています。(青文字をクリックしてくださいね)

どうしても、裁縫が苦手な方には

ちなみに、どうしても裁縫は苦手な方には、縫わずにハンカチを折りたたむマスクがオススメです。

過去記事はこちらです。

そして、最近教えてもらったプリーツ折りのハンカチマスクもおすすめです。

「新型ハンカチマスク」(by7人家族の真ん中で)・・介護の参考にさせてもらっていた愛読ブログです☆

青文字をクリックしてくださいね。



こんなに長く自粛生活が続くとは思っていませんでしたが、まだ当分は、「家にいる」事が必要なようです。

きっと、何か家で出来る「何か」にチャレンジする機会なのでしょう。

ミシンが苦手のワタシでも、手縫いマスクは作ってみたら、結構楽しく出来ました。

この機会に、チャレンジされてみてはいかがでしょう。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください