ハンカチをリメイク!バラのブローチなど3種類のご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は、タオルハンカチばかりで、薄いハンカチの出番が少なくありませんか?

昔のハンカチが、何枚も引き出しに眠っています。

そこで、思い切ってこのハンカチをリメイクしてみました。

<スポンサーリンク>

以前TVで、紙で作るバラのアクセサリーを見ました。

それで、専用の紙じゃなくても、ハンカチで作れないかしら?と考えたのがきっかけでした。

ハンカチを細く巻いてバラのブローチ

ハンカチを3センチくらいの細さに切ります。

色柄の良さそうな場所を探して切りましょう。

切りっぱなしで大丈夫です。

幅を半分に折り、端に木工ボンドをつけながら、くるくる巻いていきます。

やりにくければ、楊枝などに巻きつけながらでも良いです。

時々、ねじったりしながら巻くと、小さいバラができます。

切りっぱなしの部分にボンドを付けながら巻きます。
下をつまみながら、バラの形にしていきます。


手芸屋さんに、ブローチの台だけを売っていたので、この台に、木工ボンドで止めてみました。

ブローチの台を買わなくても、ボール紙を好みの台のサイズに切って、布でくるんでも良さそうです。

もしくは、フェルトで台を作るのも有りですね。


このブローチの台に、ハンカチのバラを、木工ボンドで止めていきます。

木工ボンドは、乾くと透明になるので、多めに付けて大丈夫です。

仕上げに、壊れたパールビーズのネックレスや、ビーズを木工ボンドで付けてみました。

いかがですか?可愛いでしょう?!

ハンカチの柄が、ちょっとバラの濃淡になったりします。



簡単ハンカチのリメイク方法・テッシュカバーとマスク

大きめのハンカチなら、簡単にボックスティッシューのカバーができます。

ただ、両脇を結べば良いだけなのですけどね。



箱無しのテッシューも、これでカバーすれば大丈夫です。

写真は、箱付きですが、同じですよ~!


お弁当も包まないし、捨てるにはもったいない木綿ハンカチも、これで日の目を見れました。




簡単すぎて、ごめんなさい。

簡単ついでに、ハンカチを縫わずに折るだけでできるマスク、以前の投稿を貼っておきます。

このマスクは、実物を見て、皆さん賛同してくださってます!
何より、ストッキングの輪切のゴムが、耳が痛くならずに手軽で良いですよね!


本当に、お裁縫が苦手なのです、私。

でも、縫わずにできるリメイク方法で、生まれ変わらせてあげる事もできます。

ぜひ、私のように、裁縫が苦手でも、リメイクにチャレンジしてみてくださいね。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください