マイクロプラスチックを流さないために、ひのきのたわし、を使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

かつて、アクリルタワシを愛用していました。洗剤無しでも綺麗になるので。


けれど、アクリル100%で編まれているので、化学繊維はマイクロプラスチックの元だったとわかり、他のものに色々と変えてみました

上の青文字記事にもある通り、ヘチマがかなり有効でした。

ところが、ネットで「ひのきのたわし」というモノを発見しました。

<スポンサーリンク>

料理研究家の枝元なほみさんが、推奨されている、ひのきのたわし「へむへむ」というもの。

どのようなご縁なのか、よくわからないけれど、ひのきには樹脂分が多いそうで、薄く削がれたひのきで編んであるたわしは、洗剤要らずです。

防虫、防菌成分も含まれているとのこと。

ひのきの間伐材を利用して作ってあるそうなので、森の環境も護り、洗剤要らずで、海の環境も護り、水の節約にもなる。

そして、天然素材で、マイクロプラスチックも出さないから、二重に海を守るわけですね。



ともかく、使ってためしてみました。

袋から出すと、ひのきの香りがします。

そして、ちょっとゴツいですが、たしかに、油汚れがスッキリ落ちます!

そして、本体そのものもベタベタしないのです。


ただ、この「ひのきのたわし」そのものが触れていないと、油はよく落ちないかもしれません。

どういう事かというと、ザル系やでこぼこ系の油汚れは、ちょっといまひとつかな、という感じです。

でも、お皿など平らで、このひのきのたわしがつるっと拭えるようなモノは、なんとも気持ちよい手触りに落ちてくれます。

そして、お弁当箱やフライパンも、洗剤無しで洗えました。


それから、絞って置いておくだけで、カビて来ないのです。

これは、ヘチマも乾きやすくてカビにくいので、同じでしたが、たぶん、このひのきのたわしは、ヒノキの成分のお陰だと思います。

1ヶ月くらい使い込んだヘチマと、ひのきのたわし



細かい部分には、ちょっと不向きですが、使い込んでいくと、柔らかくなって来るので、手に馴染みます。

ただ、あくまでも手編みしてある木の皮なので、包丁などの刃で切れてしまうとほどけてきます。

これは、アクリルタワシなどでもありましたけれど、一本が太いので、ほつれ始めるとボロボロになってきちゃいます。

でも、ヘタってきたら、お風呂掃除やシンクの掃除にもOK。

そして、最後には土に還るものですから、そこは自然で良いですよね。


一応、こちらにご紹介しておきます。

「ひのきのたわし」へむへむ。⇐こちらから。CMじゃありません~!


我が家のような大家族で消費が激しい家だと、お高いかなぁとは思いますが。

でも、我が家だけの経済でなくて、海のこと、川のこと、森林のこと、そして手荒れのこと、未来の地球のこと・・・色々考えたら、アリかなと思います。

ヘチマ、今年育ててみたけれど、プランターのせいか?ヘチマにはなりませんでしたし~。(雌花が咲かないんですもん)

去年いただいた大きなヘチマを切って使っていたのが、まだ1かけら残っているので、ヘチマと、この「ひのきのたわし」と、当分は併用して使おうと思います。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください