車でしか行かれないと思っていた場所に、自転車で行く楽しみ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

地球環境のため、地球をきれいなまま未来の子供たちに残すためには、ちょっと不便でも、生活を変えていかないと!と思っています。

少しずつでも変えてみたら、楽しいことが沢山ありました。

その一つに、自転車生活があります。

<スポンサーリンク>

介護のためには、車が必須でもあるので、まだ100%自転車というわけにはいきません。

けれど、いままでは「車が必須」と思い込んでいた場所にも、「自転車で行く」というチャレンジをしてみています。

とはいえ、運動オンチで方向オンチ、体力がある方とはいえないワタクシは、山坂はダメ、暑い日もダメ!と、結構自己限定をしておりました。


けれど、介護している母が、以前乗っていたアシスト付き自転車を貰い受けて乗ってみたら!これが、なかなか行けるのです。

かなりな坂!という登り坂も、足に負担はかかりますが、降りて押さなくても登れます!

Googleの地図アプリに、目的地を入れると、「自転車」のマークも出てきます。

そして、自転車だと目的地まで、何キロで何分という目安と、自転車で通れる道案内が出てくるのです。

Googleの地図アプリは、車のナビ代わりにも時々使っていますが、結構、「え?この道通りますか?」というかなりな裏道を案内される事もあります。

車の場合は、ここは辞めたい!という時に、Uターンするのも大変だったりしますが、そこは、自転車は自由自在です。

先日は、家から電車で6駅ほど先、片道8~9キロほどの場所まで、自転車で行ってみました。

電車を使うと、徒歩を含めて30分くらい、自家用車だと25分くらいかかる場所です。

Google検索では、自転車で31分と出ました。

電車も車も、たいして変わらないとは?!

当日は、ちょっと雨がぱらつきましたが、天気予報では曇りマークなので、きっと大丈夫。カンカン照りよりは良いはずです。


Googleの地図が、車で行く時とは、全然違う道を表示するので、地図の読めない女のワタシは、いきなり迷いましたが・・・まあ、いざとなれば車のルートを通れば良いし。

ですが、今までほとんど、通った事のなかった「水道みち緑道」という自転車と歩行者のみで、斜めに横切っている道路を通りました。

子供の頃からある水道路なので、ところどころは知っていましたが、どこからどこまで通じているのか?知らない道です。


でも木々が茂って、周りは紫陽花などの花盛りで、ちょっと別世界でした。

この水道路は、相模原市、座間市、大和市と市を3つまたいで走っているので、市によって整備の仕方が違うのも、ちょっと面白かったです。

ほんとは、たぶんもっと先の別の市まで繋がっているようなので、水道路をたどっていくのも、面白いかもしれません。


途中で止めて、気になるお花の写真を撮ることもできるし、寄りたい店に、寄り道も出来て、小回りの効く自転車ならではの楽しみを思い出しました。

少し迷いましたが、35分位で目的地には到着できましたし、全然疲れず、気持ちが良かったのです。

何より、ガソリンも排気ガスも出さず、お金もかからずに、運動不足解消にもなるわけです。

もう、次回からは、ここは自転車で行こう!と決心しました。

友人の中には、自家用車を辞めて、自転車生活にした人もいます。

我が家も、介護が終われば、車無しの生活にしても良いかも?とも思っています。


地域の交通手段や、家族の状況にもよりますが、自家用車は絶対「無くてはならないもの」では無かったのだと、気づかせていただきました。

毎日のように車に乗っていた生活から、自転車生活になり、ガソリン代がだいぶ浮きました。

買い物も、自転車に積める量を考えるので、余分に買いすぎることもなくなります。

そして、かなり暑い日にも自転車で走りましたが、車ではエアコン入れずにはいられない時でも、自転車は爽やかでした。

もちろん、帽子や水筒の飲み物は必須です。

つい、飲み物を忘れてしまう事もあって、走り出してから反省しますが、これからますます、自転車生活に慣れていくと思います。

もう少し遠い場所にも、チャレンジして走ってみたいと思っています。

体にも、環境にも優しい自転車生活、ちょっと試してみませんか?!

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください