不要ワイシャツを、リメイクしてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

息子がワイシャツを買い替えて、古いのを捨てていたので「ちょっと待って!」と拾ってきました。

襟や色々面倒そうな場所を切ってしまえば、割烹着などにリメイク出来る、って前に見た事もあったので、チャレンジしてみました。

ただ、息子はとても細身なので、、割烹着にするには、もしかして小さめ?

<スポンサーリンク>

検索してみたら、襟を外すとか、ボタンを取る、とか、ちょっとハードルの高い(笑)ワードが並んでいまして。

いや、そんなんじゃなくても、襟やカフスや、前たてのボタンのトコロを切るだけで、リメイク出来るはず。

とりあえず、やってしまえ!!笑



なので、襟部分を切り取り、袖もカフス部分を避けて切り。

前たてのボタン付け、ボタン穴の両方を切り取りました。

襟ぐり、適当に切りました。割烹着にしようと思ったんで・・・

でも、襟つけのギリギリを最初に切ってみたら良かったのだと、後で思ったのでした。笑

切り直せば、広げることは簡単だけど、縮めるのは、ちょっと大変!!(後述!)

(せめて、自分の洋服を当てて、襟ぐり下書きして切ったら良かったかも)

襟ぐりのところには、ちょうど、可愛いバイヤステープがあったので、それを縫い止めてみました。

後ろ前にして着てみると、ちょっと可愛い。

これ、裾に布を足したら、チュニックになるかも??

細身のワイシャツなので、ちょっと後ろにも布を足さないとマズイけど・・。



何か布ないかなぁと探してみたら、亡くなった義母が、たくさんスカーフを持っておりまして、これ、使えるかも?

こんな感じになったら、可愛いのでは?!

それで、ちょっと柄も考えて、スカーフを切って縫い付けてみました。

実は、手作り好きな割に、ミシンと相性が合わなくて、あまり得意ではありません。

なので、手縫いでチクチク、やってみました。

時々、着て合わせてみつつ、長さなどを決めて切ります。

袖のバイヤステープはもう無かったので(へへ)裾に足したスカーフの切れ端を使いました。

ところが、襟が開きすぎてました!肩が落ちちゃう!どうする??

で、バイヤステープごと、つまんで縫ってみたのでした。よく見ると、ちょっとダーツができましたが、これで出来上がり!

こちらが後ろ側ですが、なんと、こちらの襟ぐりの方がたくさん切ってありまして。背中が丸見え!笑

なので、こちらもバイヤステープごと二箇所つまんであります!なんとかバイヤステープのリボンで隠してみました。

ワイシャツが薄手だったので、そんなにゴワゴワする事もなく、なんとか出来上がり!

着てみた感じはこんな風でございます。

オール手縫いで、型紙も無く、なんちゃってで作りましたが、半日くらいで出来上がりました。

きっと、ミシン使えて、もう少し慣れている方ならば、簡単に出来ると思います。

ワイシャツリメイク、結構楽しかったです。

ワイシャツに限らず、捨ててしまう前に、「何かに使えないかな?」と考えてみるのも楽しいものです。


縫い物はどうもダメという場合でも、そのままスーツなどのカバーとして使ってみても良いし、小さく切って、油ものを洗う前にちょっと拭うのに使うだけでも、排水を汚さずに済みますね。

ぜひ、何かチャレンジしてみていただけたら、嬉しいです。

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください