卵のカラでミニ植木鉢!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

何気なく捨ててしまう、卵のカラ。

友人が、このカラに素敵なペイントをして、多肉植物を植えていました。

見てたら、創作意欲がムクムク!!

<スポンサーリンク>

まずは卵をキレイに割りましょう!

縦長に使うか?横長に使うか?を考えて、なるべくキレイに割りましょう。

中の薄皮は、残したほうが良いのか、取ったほうが良いのか?ちょっと悩むところですが、取れたら取るけど、残ってもまあいいか?って感じで、やってみました。

底に、水抜きの穴を画鋲などで開けます。

割れやすいので気を付けて。縦長の卵は、ピンセットで開けたらうまくいきました。

底が安定するように、穴の周りに、木工ボンドでビーズを貼ってみました。

なにか、丸い輪っかみたいなのがあったら、そんなのを貼ってもよさそうですね。

好きなデコレーションをしてみましょう

縁は、割れっぱなしも味ですが、テープなどを貼ってみても良いですね。

今回は、卵のカラ全体に、ポーセラーツの残りのシールを貼ってみました。

そして、上からマニキュアでコーティングしてみました。

ペーパーナプキンや、キレイな包装紙を切って、木工ボンドで貼ってみるのも良いと思います。

木工ボンドを水で薄めて、上から刷毛などで全体に塗ると、補強にもなって良いかもしれません。

もちろん、アクリル絵の具やマジックなどで、絵を書くのも素敵ですね!

根気があれば、ビーズやストーンなどを貼り付けたり、布などを貼ってみるのも素敵な卵のカラアートの植木鉢ができそうです。

土を入れて植えてみる

できたら、培養土などを入れて、多肉植物を入れたり、種を撒いたりしてみましょう。

パプリカの種を植えたら、かわいいグリーンが出てくるかも。

(食べる時に種を捨てずに撒けば、可愛いグリーンになるパプリカ)

卵は小さいので、割り箸などで、つんつんしながら苗を入れてみましょう。

割れないように気を付けてくださいね。

卵の殻にデコレーションせずに、そのまま種を植えて、育ってきたら、卵の殻のまま土に植えてみのも、もしかしたらアリかもしれませんね。


子供の頃に、卵の殻を細かく割って、モザイク画を作ってみた事はありましたが、卵のカラにそのま柄付けも楽しいものです。

色々また作ってみると、素敵なものができそうですね!

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください