コーヒーを淹れた後のコーヒーかす、捨てずに有効利用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コーヒーを毎日飲む、という方が結構多いと思います。

ドリップなど、コーヒー豆から淹れた後のコーヒーかすって、捨てていませんか?

ところがこのコーヒーかすに実は、色々な利用方法があるのを、ご存知でしょうか。

<スポンサーリンク>

コーヒー豆は、活性炭として使える。

コーヒー豆には、消臭効果があります。

もちろん、コーヒーかすにも活性炭と同じような効果が期待できるのです。

ウチでは、コーヒーは主人しか飲みませんが、それでも結構な量のコーヒーかすが出ます。

主人は元はコーヒー豆屋さんでしたので、コーヒー愛も半端なく、コーヒーかすも無碍に捨てたりはいたしません。

フィルターごと乾かしては、下駄箱、トイレなどに置いてくれます。

そして、定期的に交換もしてくれます。


掃除機などの嫌な匂いも、コーヒーかすを吸い込んでおけば、かなり長期間に渡って、コーヒー臭に変えてくれます。

冷蔵庫の中、車の中など、匂いの気になる場所に、布などの袋に入れて利用してみてくださいね。

消臭剤として利用する場合は、コーヒーかすを乾かしてから使いましょう。

湿ったままだと、カビたりする事があります。

コーヒーかすは自然乾燥で、けっこう簡単に乾きます。

が、早く乾かしたい場合、電子レンジにかけてみましょう。

レンジの庫内も脱臭されて、一挙両得ですよ。



庭の虫除け、雑草防御にも使える!らしい

コーヒーかすは、なんと、ナメクジなどの害虫駆除にも使えるそうです。

夜盗虫にも効果があるらしいです。

これは、そのまま撒くだけなので、試してみる価値は大きいですね。

肥料にする、という意見もあったのですが、ところがどうやらコーヒーかすは、植物の成長を阻害する成分が入ってるようなのです。

ですので、雑草の繁殖を防ぐ事ができるそうです。

除草剤ほどの強い作用は期待できないかもしれませんが、自然に優しい除草作用ならば、試してみたいです。

雑草防御に使うならば、乾いていないコーヒーかすをそのままパラパラ撒けば良いそうです。


ガレージのコンクリートの脇などに、コーヒーかすを撒いて試してみたいと思います。

効果のほどを、ご存知の方は、ぜひコメント欄で教えてくださいませ。

他にも、コーヒーかすには油気があるので、針刺しの中に入れてサビ予防にもなります。

靴磨きや、まだ色々な使いみちがあるので、ぜひ、捨てずに再利用してみて欲しいです。

※関連記事

そのお茶ガラ、捨てればゴミ!知れば、色々おトクに再利用!

 

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください