おばあちゃんの知恵袋1・「翻訳する」ことのオススメ

子育てさなかには、なかなか気づかなかったことも、子どもたちが成人し、10年の介護も卒業してみると、いろいろと分かってきた事があります。

そんな「おばあちゃんの知恵」を、ときどきお届けしてみようかと思います。
今回の『翻訳』は、わたし日本語しかできませんから、外国語への翻訳ではありませんヨ。

続きを読む

まだ間に合う!今年の梅仕事

梅の季節になると、梅の実の良い香りにつられ、梅を漬けよう!と思うのは、私だけでは無いと思います。

高い南高梅が、見切りになって安くなっていることもありますね。

梅も、色々な漬け方があるのをご存知でしょうか?

忙しい方にオススメなのは、とりあえず、冷凍にしてしまう事です。

が、やはり梅干しにしたい!場合には、塩漬けせずに出来るラッキョウ酢漬けの梅干しもオススメです。

続きを読む

クラフトバンドでカゴバックをつくりましょう

再生紙で出来ているクラフトバンドは、切ったり割いたり、ボンドで止めたりできます。

紙製ですが、耐久性もあって軽いので、これから使える夏のかごバックを、作ってみてはいかがでしょうか。

好きなサイズで作れますし、凝らなければ、案外短時間で出来上がります。

続きを読む

スギナ茶を作ってみました

つくしんぼは、春の訪れを感じて良いものですが、その後に出るスギナ。

雑草取りをする時に、このスギナは地下茎でつながっていて、結構な厄介者だと思っていました。

ところが、このスギナには、結構な薬効があるそうなのです。

しかも、案外飲みやすい?!という噂を聞いて、ちょっと試してみることにしました。

続きを読む

病院で、納得できない事をちゃんと聞いたら、別の方法を選択できた話

人生には、思いがけない事故や病気などで、突然、入院や手術!という事が起こることがあります。

そのような時って、え?え?と思いながら、どうするのが一番良いのか?考えが巡らないうちに進んでしまう事ってありますね。

後から、あの時、違う選択もあったのかもしれない、と思うのは残念なので、少なくとも「納得できない」ことだけは、しっかり質問してみたいものです。

続きを読む

簡単ノーミートレシピ・手作り簡単ピザ

地球環境と、世界平和のために、お肉を使わないノーミート料理をおすすめしています。(何故ノーミートなのか?はこちらから

連休後半、家族で手作りピザを作ってみませんか?

ピザソースがなければ、ケチャップで。

または、マヨネーズと醤油混ぜで、煮物の残りなどをトッピングしても美味しいですよ。

続きを読む

「知る」ことで違いを受け入れる・ドラマから見た日韓文化の違い

じつはワタクシ、たぶん100本以上の韓国ドラマを見てきました。

韓国はとても近いお隣の国で、顔も見分けがつかないし、お米が主食なのも同じです。

なのに、みごとに「当たり前が正反対!」なトコロが沢山あることを知りました。

興味がないと、「変!」で終わってしまいますが、それって、残念だな~と思います。

「違う」ことを知って、はじめて「認められる」のだと思うのです。

続きを読む

簡単ノーミートレシピ・厚揚げチンジャオロースー

地球環境と、世界平和のために、お肉を使わないノーミート料理をおすすめしています。(何故ノーミートなのか?はこちらから

今回は、厚揚げを使ったチンジャオロースーです。

漢字で書くと青椒肉絲なので、肉無しで、そう呼んではいけないかもしれませんが。

でも、低カロリーで美味しくいただけるので、細かいことには目をつぶってくださいね。

続きを読む

虫食い穴補修に花を咲かせてみました♪

ちょっと肌寒い日に、久しぶりにカーディガンでも羽織ろうと出してみたら、虫食いになっていました~。

ほんの小さな穴なので、ちょっとかがってみましたが、少し目立ちます。

一箇所の為に捨てるのは勿体ないので、何か出来ないか、考えてみました。

続きを読む

簡単ノーミートのレシピ・揚げ出し豆腐

地球環境と、世界平和のために、お肉を使わないノーミート料理をおすすめしています。(何故ノーミートなのか?はこちらから

肉無しでも、豆腐料理ならタンパク質も採れて良いのですが、若い方には、ボリュームが足りなく思われるかもしれません。

そこで、今回は手間なし簡単にできる、揚げ出し豆腐をご紹介します。

続きを読む

簡単ノーミートのレシピ・野菜たっぷりミネストローネ

最近の我が家でのヒットは、冷蔵庫の野菜を何でも入れちゃう、ミネストローネスープです。

もちろん、ノーミートで体にも環境にも、世界平和にも貢献しちゃいましょう。

なぜ、ノーミート料理をおすすめするのか?はこちらから

使った野菜の皮や、へたなどの捨てる部分なども、ベジブロス(野菜だし)にして使ってしまいましょう。

続きを読む